X412_1010p

 □ お願い・・・・!!

    Microsoft .NET Framework 4.7.2 の環境が必ず必要です。 ・・・ ここからダウンロード可能です。(自己責任でお願いします)

                                                 インストール自己責任でお願いします。

注意!・・・このページに下にX412_1010p の操作方法を紹介していますので必ず1度目を通しておいてください。
  MMVARI の操作方法は、、、、このページの1番下にあります。。。。参考にしてください。

  X412_1010p     Ver 2019.05.11_SetUp.exe           2019/05/11 (SAT)

                  X412_1010p       Ver 2019.05.11_SetUp.exe   
インストールはここからお願いします。 ・・・ SetUp.exe ダウンロード

       注意! ■ Ver2018.08.12 のバージョンから  .NET Framework 4.7.2 が必要です。
       注意! ■ Ver2018.05 月以前のバージョンを試用の局は FTP 設定が引き継がれませんのでFTP設定を最初から設定お願いします。

       注意! ■ FTP の設定を変更した時は X412_1010p を1度終了して再度起動してください。
                  ソフトの設定保存が必要ですのでお願いします。

       注意! ■ 必ず Digi-Sites ソフトの最新バージョンをインストールして最新バージョンを必ず1度起動してから X412_1010p を試用してください。

       

       JTDX を使った運用による 便利な JTDX の設定方法

       ① 2のタブを選択
       ② Free msg にチェックをつけます。

       以上の設定で あとは X412の黄色のTXボタンを押してください。

       

       

        ■ 新機能の「Play1/2」 の遊び画像は JE3HHT 森omのMMSSTVで使う「オーバーレイ画像」を使いと面白いです。
          その他、年賀状ソフトにあります画像の使ってみてください。
          また、、インターネット上にも無料の画像がたくさん存在しますのでダウンロードして指定のフォルダに入れて使ってください。

          JE3HHT 森omのオーバーレイのダウンロードは ・・・ ここからダウンロードてください

          

        ■ 上記のオーバーレイを中に「CQ EasyPal」の画像を追加してみました。・・・ 興味の有る局はここからダウンロードできます。

        ■ 上記のオーバーレイの画像は C:\JH3ECA\X412_1010p\Play_Pic に添付しました。
          自分でオリジナルの画像を作成の場合は C:\JH3ECA\X412_1010p\Play_Pic に入れて使うと便利です。

       

        ○ 注意事項

          1・インストール場所は C:\JH3ECA\X412_1010p\ です。変更しないでください。
          2・このソフトを削除するときは C:\JH3ECA\X412_1010p\ のフォルダを削除してください。
          3・ソフト WSJT-X / JTDX / MSHV / MMVARI / EasyPal / のソフトに対応しています。
          4・「ON AIR」機能を搭載 リアルタイムで受信画像を表示します。
          5・送信画像サイズを3種類搭載 1024 x 768 / 1400 x 1050 / 2048 x 1536 の3種類です。
            注意・・2048 x 1536 サイズは受信側の大きなパソコンモニターが必要ですので注意してください。
          6・遊び画像(Play1/2)を搭載しました。

          4・インストールの手順は動画で見てください。(Image_1010p と同じ手順です。) ・・・ ここから見てください

 ○ インストールの手順 ・・・ 動画で見る
 ○ 送信画像の 縮小/拡大 ・・・ 動画で見る
 ○ 送信画像のマウスによる 縮小/拡大 ・・・ 動画で見る
 ○ 送信画像は2枚ストック(在庫)できます ・・・ 動画で見る
 ○ テキスト文のマウスによる 縮小/拡大 ・・・ 動画で見る
 ○ 縦文字採用 ・・・ 動画で見る
 ○ 遊び画像添付 X 2枚 ・・・ 動画で見る
 ○ 受信画像下の受信レポートの切り離し ・・・ 動画で見る
 ○ パノラマ画像作成時のフリーテキストの登録方法を紹介しました。 ・・・ 動画で見る
 ○ パノラマ画像の呼び出しをAutoにしました。・・・ 動画で見る

Ver2019.05.07 の追加機能

Win10 アップデートでX412の画面が横に伸びた。。。。を修正
Freeテキスト1の「A&B」をクリックして受信レポート表示を切り替え
HTMLの送信コマンドテキストをクリックで HTML / XHTML を切り替える
Freeテキスト2~5のエリアをWクリックすることでFreeテキスト編集ができます。






Ver2019.05.07 の追加機能

Win10 アップデートでX412の画面が横に伸びた。。。。を修正




Ver2019.01.29 の追加機能

●JS8Call を使って画像交換が可能になりました。
今まで同様に送信コマンドは黄色のTXボタンでコマンドを送ります。。。が
JS8Call は自動でコマンドを受け付けませんので必ず
X412 のTXボタンを押した後90秒以内にJS8Call 送信テキスト作成アリアで
右クリック~Paset を選択して送信コマンドを張り付けてください。
JS8Call は長文の送信文が送信可能ですので自由な送信コマンドを作って
いろんな送信文で楽しんでください。






Ver2018.12.20 の追加機能

● p1 p2、、、の上にカーソルを置くことで Freeテキストの内容が確認
● JTDX FT8 77Bit に対応




X412_1010p    Ver2018.12.04 以降の追加機能

● WSJT-X  Ver2.0.0-rc5  FT8_77Bit に対応しました。
● 受信のタイミングを少し早くした、、つもりですが。。あまりかわらないかも。。。??
● MSHV の受信を修正
● ON AIR の窓を改良しました。
RX 情報+TX/RX局の情報UP(X412_1010p 試用の局のみ)
● SOFT 選択窓位置修正 / FTPアップ確認窓を追加
● FTPアップ用メッセージ枠をトップ画面に変更






X412_1010p    Ver2018.11.01 以降の追加機能

● 送信画像にもメッセージが添付できるようにしました。
● Digi-Sites の新しいCALLリストを10分間隔で確認して新しいCALLリストがあれば取り込むようにしました。
● WSJT-X のNewバージョンのFT8 77Bit に対応しました。
CQチェック時 CQ-IMG MyCALL
QSOチェック時 UrCALL MyCALL -90 とセットして送信コマンドは UrCALL MyCALL RR43
73チェック時 UrCALL MyCALL 73





ソフトの選択窓を1か所にしました。



FTP の登録は必ず Digi-SDites の登録コールでお願いします。




バックに画像を入れる事が出来るようにしました。   A_Pic / B_Pic ボタンで操作します。



MMVARI の設定
X412_1010p と MMVARI の送信コマンドとの関係

注意・・・MMVARI 自動受信の時は、送信コマンドは WSJT の送信コマンドと同じ形式のテキスト文を送信します。


CQ-IMG JH3ECA
CQ JH3ECA PM75
JH3ECA/JPG
JH3ECA/PHOTO。。。等
同じテキストを重ねて送信することは可能です。
MMVARI の手動の受信方法
MMVARI の手動受信
MMVARI の送信方法

MMVARI のマクロ送信機能を使って送信しますので
必ず下記の指定の場所にマクロ文を作ってください。
下記のマクロ文はサンプルですので自由にマクロ文は作成してください。
ただし。。。送信開始<%TX> と 送信終了<%RX>のマクロ命令は入れてください。
あと。。必ず自分のコールサインも忘れずに入れてください。

下記の<%UrCall>の部分は上記の受信方法を読んでいただくとわかると思いますが。。。
必ず1度受信局のコールの上で左クリックしてMMVARIのCall枠に受信局のコールをゲットしておきます。

Mode はMMVARI で受信できればなんでもOKです。(RTTYでもOKです。)
が。。。。PSK31の bpsk をお勧めします。